悪質販売店

  • 中古車買取り店や販売店を利用して、中古車を購入する場合には中古車まめ知識としてその中古車の性能や特徴についてある程度知っておかなければなりません。

    そうした情報はできる限り自分で勉強し、買いたいメーカーや車種等を選定していきます。それから中古車販売店のチラシやインターネット等を利用しておおよその価格や性能を把握します。ですがいざ中古車を購入する際には金額だけを見るのではなく、その他あらゆる角度から総合的に判断することです。

    中古車販売店等の業者を何軒か訪ね、その品揃えや店の雰囲気・担当者の印象などから、信用度・実力・センスなどをチェックします。

    勿論それ以外にも要望をよく理解してくれるか、専門性の高いスタッフを揃えているかということも業者選びのポイントとなります。

繁盛してる?中古車業界

  • 中古車業界も競争が激化しており、最近では悪質な中古車販売店や、顧客獲得のために強引な営業をかけてくる会社が出てきています。

    慎重に見極めながら、良い業者をしっかりと選びましょう。 とはいえ全ての中古車販売店が悪質というわけではなく、殆どが良心的な販売店なのですが、中には本当に悪質な店が存在するということを頭に入れておかなければなりません。

    例え大量に広告を出している大手チェーンであっても、決して安心をしてはいけません。その中のある店独自に、或いは一人のセールスマンのみが悪質な販売を行っているというようなケースもあるのです。例えば極端な場合、廃車寸前の車を売りつけたり、廃車とはいかなくてもメーターを偽って走行距離をごまかして車を販売したりするといったケースもあります。

    もしそうした廃車寸前の車の場合、ただかそれ同然の値段で買取っているはずですから、業者にとってはそれこそ濡れ手に粟です。そのほか、いろいろな顧客を騙すいろいろなからくりがあったりします。中古車の販売は新車と異なり、外部からはわかりにくい部分がたくさんあります。必ず見積書を作ってもらい、細かく内容をチェックする必要があります。

自動車保険、重量税もチェック

  • 中古車販売店から中古車を購入する場合にはいろいろなことに気をつけておかなければならないのですが、その一つが自動車重量税です。自動車重量税は、車検ごとに次の車検までの期間の税金を前納する仕組みになっています。

    自動車重量税は車と一体になっており、車検残のある中古車を購入する際に、重量税が請求されるケースは本来ならありえないはずです。

    ところが悪質な中古車販売店では、重量税が月割りの金額で記載されていたりします。本来なら前納で支払われているはずであるにもかかわらずです。もし事情を知らずに購入者がその自動車重量税をそこで支払ってしまったら、それは当然実際に納税されるはずはなく、全て中古車販売店の不当な利益となってしまいます。(自動車の下取りの話はここで詳しく!)

  • 重量税の請求

    • 勿論販売店に車検切れの状態で展示されていて、購入時に新しく車検を取る必要のある中古車の場合は重量税が請求されます。

      これは悪質ではなく正当なものです。逆に中古車購入の際の支出を少しでも抑えたいと考えるなら、車検残のある中古車を購入すれば、それだけ重量税を節約できることになります。