中古車登録の話

もしあなたが不幸にも交通事故に遭遇したとします。そこで長年愛用した自動車が大破し、もういかように修理をしてもどうにも乗ることができない、そうなった場合あなたはその自動車をどうしますか。

それが何年も運転した、愛着ある自動車であっても、残念ながら廃車にせざるを得ません。廃車には当然関連した手続きが必要です。廃車手続きは自分でやると手間がかかるというイメージが強いのか、自動車販売店等の業者や行政書士に廃車手続きを代行してもらうケースが多いようです。

ですが実際には廃車手続きは難しいものではありません。廃車に関わる手続きのうち普通乗用車の書類上の手続きの場合は運輸支局で行います。軽自動車の廃車手続きは軽自動車検査協会で実施されており、所在地は運輸支局と異なる場所にあります。登録自動車のナンバープレートまたは住民票がある運輸支局や軽自動車検査協会で廃車手続きを行うことができます。

こうした廃車手続きは、自動車重量税の還付にも関わってくるので、面倒だからといって廃車手続きを怠っていては損をすることになります。廃車にすると決めたのなら、一日も早く廃車手続きをすることです。

自動車は廃車処理でお別れを

自動車を廃車にするには、廃車手続きと共に、自賠責保険や自動車任意保険の手続きもする必要があります。ですが廃車手続き同様、決して難しいものではありません。時間に余裕のある人なら、自分で廃車手続きをすることをお勧めします。業者にお金を払って廃車手続きを代行してもらうよりもお得です。

自分で自動車を所持して運転する以上は、廃車手続きをはじめとして、様々な手続きや登録の類を避けて通ることができません。例えば新車購入の登録も必要ですが、これは素人にはかなり難しい作業です。ですが同じ自動車購入でも、中古車購入の登録の場合は前記の廃車手続き同様それほど難しいものではありません。

陸運支局または自動車検査登録事務所の管轄が変わらない場合はナンバープレートも変わらないので、自動車を持ち込む必要もありません。指定された書類を持参し記入するだけで手続き完了です。わざわざ前の管轄の陸運支局に行く必要もありません。新しく登録する住所を管轄する陸運支局に行くだけでいいのです。

中古車の登録を自分でしようと思う場合、必要なものは譲渡証明書(前の所有者が記載)と車庫証明、さらに新しい持ち主と前の持ち主の印鑑証明と印鑑、他には車検証と自賠責保険証明書、自動車納税証明書が必要となります。申請書などの必要書類は陸運支局やその周辺で入手できます。

不明な点などがあれば陸運支局の窓口等で聞けば教えてもらえます。中古車の登録手続きはイメージに反してあっけに取られるほど簡単で、半日もかからずに終わります。

登録用の書類は自分で準備か、業者に頼むか

親切な中古車販売店なら、自分で登録したい旨を伝えれば書類を用意してくれたり、アドバイスをしてくれたり、相談に乗ってくれたりするでしょう。但し自分で登録すると言った以上、きちんと登録をしないでいると前の自動車の持ち主や販売店に迷惑をかけることにもなりかねないので、何らかの方法で保証を行い、登録完了や途中経過もきちんと報告しましょう。